坂の町、港町、思い出の町。

画像1: 坂の町、港町、思い出の町。

いま再び注目を集めている尾道は、私にとっては自分のルーツがある場所。記憶と同じ昔のままの面影に時おりセンチメンタルになりつつ、まだまだ変わり続ける町の新しい魅力を探してきました。

画像2: 坂の町、港町、思い出の町。

 

小学4年生の私に会いに行く

画像: 小学4年生の私に会いに行く

尾道は父の生まれ故郷で、幼い頃は祖母を訪ねに毎年来ていたんです。遠い記憶にあるあの風景は、今の私にはどんな風に映るんだろう? そんな思いを胸に、懐かしい町を訪れました。

 

「おもひでぽろぽろ」こぼれ出す、
 祖母の町。

尾道は私にとって所縁(ゆかり)深い町ですが、大人になってから訪れるのは実はこれが初めて。駅前などは随分おしゃれになり、あちこちに新しいお店ができていてびっくりしました。

また今回宿泊したベラビスタでは、10月から瀬戸内海を巡る豪華クルーズを就航させる予定だとか。モデルはなんと先日乗船したばかりのアクア・メコン! 旅と旅が、また意外なところで繋がりました。

坂、お寺、港といった昔からの表情はそのままに、新しい魅力が次々生まれている尾道。これからへの期待がいっそう膨らむ旅になりました。

フェリーは地元の人々にとっては生活の足、私も部活帰りの中学生と一緒に乗船。常石から尾道までの便は、途中で4つの港に寄港します。その度に続々と地元の人が乗ってくるから、船内はとてもアットホームな雰囲気です。

画像: 「おもひでぽろぽろ」こぼれ出す、 祖母の町。

船が尾道大橋をくぐると見えてくる、山の傾斜に面した尾道の町並み。

尾道市
古くから造船業で栄え、多くの映画や小説の舞台にもなった、瀬戸内を代表する港町。愛媛県今治市までを7本の橋で結ぶ『しまなみ海道』はサイクリングの聖地としても有名。
 
東京からは山陽新幹線で福山駅へ、JR山陽本線に乗り換え。所要時間は4時間20分ほど。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.