産後のトラブルをお医者さんに聞いてきた②
悩! 尿漏れがいつまでも治らない!!
尿漏れにまつわるウワサを検証 

お話を伺った先生

画像: お話を伺った先生

藤崎章子先生
女性泌尿器科医。四谷メディカルキューブ勤務。

 

最初の出産から
5年から12年経過した人で
腹圧性尿失禁がある人は25.3%(出典1)

尿漏れを診てもらえる病院はどうやって見つければいいですか?
本当に悩んでいるのに産科、婦人科、泌尿器科、どこへ行ってもまともに取り合ってもらえず、骨盤底筋体操のやり方が書かれた紙を渡されるだけです(涙)。
という悩める女性は多いはず。
病院の選び方も先生に伺いましょう。

1.Webの情報だけでは分からない、いい病院の探し方。

産後のことはそれぞれ関連する科の先生も勉強されているので、産科、婦人科、泌尿器科、どれも間違いではないです。ただ、例えば産科の先生の中でも、胎児の健康管理に強いとか、それぞれ専門が異なっています。あまり納得のいく回答を得られなかったというのは、たまたまその分野の専門の先生にあたらなかったということかもしれません。

まずは、通いやすい地域の泌尿器科へ行くことをおすすめします。
その先生に、近隣で女性の尿失禁を専門に診ている先生(泌尿器科でも婦人科でも)を紹介してもらう。どの地域でも、どの先生は何が得意といったことを近隣の先生同士で把握しているものです。

Webの検索にはひっかからなくても、学会に出られて、まじめに尿失禁について研究されている先生は多いです。Webサイトがしっかりしていて検索にひっかかりやすいところというのは、ある意味、広報機能がしっかりしているということであって=本当にいいところ、根拠のあるところ、とは限りません。遠回りかもしれませんが、Webの情報だけに振り回されないようにしてください。

 

2.泌尿器科と女性泌尿器科の違いはなんですか?

何を専門とするかの違いです。そもそも女性泌尿器科は女性特有の尿失禁や泌尿器の疾患を専門に取り扱うところですが、泌尿器科の先生も、もちろん女性泌尿器科の診療はできますし、知識は持たれています。

 

3.病院ではどういった治療をされますか?

尿失禁に関する診査、検査のあと、骨盤底筋体操の指導のほか、場合によっては薬の処方や低周波治療、磁気治療が行われます。レーザー治療を行っている施設もありますが、現時点での尿失禁に対する効果の根拠は不十分です。
それらのあと改善がなく、ご本人の生活に支障をきたすようであれば手術を検討します。

 

4.低周波治療法は効果はありますか?

効く人には効くので、やってみる価値はあると思います。
ただ、最初の3週間は週に2回、次からは2週間に1回、というようにかなり高頻度で通わなければならない治療ではあります。30代、40代前半ですと、仕事や子育てに忙しく、それだけの時間をとることはなかなか難しいと思います。

ただ、骨盤底筋体操の指導をしている医療機関は少ないですが、低周波治療をやっている病院はそれよりももっと幅広くあるので、もし自宅近くにあればやってみてもよいかと思います。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.