3つの宿泊スタイルで攻略

画像: 3つの宿泊スタイルで攻略

ヨーロッパとアフリカ、そしてアラブの3つの文化圏を繋ぐ国、モロッコ。

地元では “RED CITY” “ROSE CITY” と呼ばれるマラケシュに、リヤド、グランピング、ラグジュアリーホテルの3つのスタイルで滞在。それぞれの魅力を紹介します。
 

ワクワクと余裕、
どっちも欲しいから

モロッコを感じる3つの宿泊スタイル

1日目は格安リヤドでスークを満喫。2日目はアガフェイ砂漠に移動してグランピング。

3、4日目は新市街ゲリーズのフォーシーズンズへ。心と時間に余裕を持って帰国したいから最終日はのんびり、が私の旅のスタイル。
 

マラケシュ通に人気のリヤド

画像1: マラケシュ通に人気のリヤド

中庭にあるプールで泳いだり、ルーフトップのサンベッドで日光浴したりと宿泊者それぞれが思い思いの時間を過ごす、穏やかな雰囲気漂う宿。

モロッカン×ヨーロピアンのインテリアがおしゃれで、2階の回廊も素敵。

画像2: マラケシュ通に人気のリヤド

エントランスを出ると狭い路地に出て、ここからメイン通りまでは徒歩3分くらい。

画像3: マラケシュ通に人気のリヤド

一見、迷路のようだけど、目印を覚えれば簡単に辿り着ける。今回紹介したレストラン2軒、お買い物天国のバハ・エクスポートにも至近です。

リヤド・ルチアノ
69 Derb Tizougarine Medina Marrakech
 
フランス人オーナーが経営する宿。空港からは車で15分、そこからさらに歩いて5分ほど。迷路のようになった居住区の中にあるので、事前に宿からの配車をお願いしておくのがおすすめ。 
http://www.riad-luciano.com/

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.