泊まりたい宿と古き魅力を旅する

憧れの旅館に泊まりたい! との想いからはじまった、愛媛県・宇和島の旅。
かつて真珠で栄えた趣のある街を歩けば、知的好奇心を刺激するスポットに海と山の幸、気さくであたたかい人々と知らなかった魅力が私たちを出迎えてくれました。
 

子どもと泊まりたい宿がある
木屋旅館に泊まる

友人に勧められ、ずっと気になっていた一日一組限定・一棟貸し切りの宿。
数々の著名人にも愛された歴史ある建物はリノベーションによって再生され、“古民家なのにアート”な空間に。ここへ泊まるために来る価値があります。

画像1: 子どもと泊まりたい宿がある 木屋旅館に泊まる

照明はひと部屋ずつ自由に変えられるシステム。これ、子どもも絶対喜ぶはず!
 

画像2: 子どもと泊まりたい宿がある 木屋旅館に泊まる

こういうちょっとしたところまで美意識が行き届いています。
 

画像3: 子どもと泊まりたい宿がある 木屋旅館に泊まる

建てられた1911年当時の雰囲気をそのまま残す外観。
 

画像4: 子どもと泊まりたい宿がある 木屋旅館に泊まる

部屋の雰囲気も、照明ひとつでがらっと変わる。
 

画像5: 子どもと泊まりたい宿がある 木屋旅館に泊まる

一見、普通の和室だけれど、2階の部屋のうち3カ所に畳の代わりにアクリルがはめ込まれている。
 

画像6: 子どもと泊まりたい宿がある 木屋旅館に泊まる

夕闇に浮かぶ屋号。
 

画像7: 子どもと泊まりたい宿がある 木屋旅館に泊まる

夜の木屋旅館。窓からこぼれる色とりどりの光が幽玄な美しさ。
 

廃業後そのままになっていた建物を、2011年に永山祐子さんのデザインでリノベーション。随所にアクリルやモルタルなどの異素材を組み合わせている。
 

画像8: 子どもと泊まりたい宿がある 木屋旅館に泊まる

一度は廃業するも、宇和島市の再生プロジェクトの一環で新たに生まれ変わった木屋旅館。〝趣向を凝らしたしつらえを、滞在のあいだ自由に楽しんでほしい〞というコンセプトのもと、日が暮れるとオーナーをはじめスタッフは全員帰ってしまいます。なので夜は本当に私たちだけ ! 

夕食は付いていないので外食するも持ち込むも自由。この放ったらかしな感じがまた、すごく心地いいんです。

それに一棟貸し切りなら、アイデア次第でいろんな使い方ができそうですよね。「木屋旅館に泊まりたい人、誰か一緒に行かない?」なんて旅のはじまりがあってもいいんじゃないかな。

木屋旅館
愛媛県宇和島市本町追手2-8-2 
☎0895-22-0101 
施設利用料:¥21600
宿泊料:1人¥5400(朝食付き)

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.