画像1: #1 インドネシア バリ

東京から8時間、デンパサール空港から車で70分。

「ヤシの木よりも高い建物はダメ」という、なんともザックリとした掟のある避暑地ウブドへ次女の紅(べに)とトリップ。

左を向いたスヌーピーの横顔に似ているバリ島の、ほっぺた辺りにあります。

 

ローカルのにぎわいを
体験しに地元の朝市へ

バリは微笑みの島。みんなが笑顔で挨拶をしてくれるから、こちらも笑顔になる。そんな雰囲気に触れたければければ、ウブド市場に行くべき。なんでも揃うウブドの台所だ。

画像: ローカルのにぎわいを 体験しに地元の朝市へ

地元の人でにぎわうのは6時〜8時。ローカル感を体験したいなら、早起きがオススメだ。

次女の紅に一人でお買い物させてみると、買ってきたのはさつまいもの千切りを砂糖で煮詰めた丸いお菓子。

「テリマカシ(ありがとう)」「サマサマ(どういたしまして)」のやりとりの音がかわいくて頻繁に言いたくなる。

Pasar Ubud
ウブド市場
Jl. Raya Ubud No.14, Ubud, Kabupaten
Gianyar, Bali

 

一年を通じて稲穂が実る
ウブドならではの絶景を望む

ウブドから北へ8km、テガララン村にある棚田。平地の少ないバリ島では山や丘を切り開いた渓谷で稲作をする。二期作、三期作で米を作るバリでは一年中稲穂が茂る。

Tegallalang Rice Terrace
テガララン・ライス・テラス
Tegallalang, Kabupaten, Gianyar, Kabupaten
Gianyar, Bali

 

棚田を一望できるレストランやカフェもたくさん。民芸品からジャンクなお土産まで、ショップも林立している。

画像: 一年を通じて稲穂が実る ウブドならではの絶景を望む

ティルタ・ウンプル寺院と同じ日に巡るのが時短でオススメ。小さな商店で約500円で買った帽子をさっそくかぶって。

帽子はいつも旅先で手に入れるのが私のならわし。家に帰ってから壁に飾れば思い出の詰まったインテリアの一部になるから。
 
 

他にはない体験を
子どもと分かち合う

画像1: 他にはない体験を 子どもと分かち合う

棚田を見下ろす絶景カフェで無料試飲できる農園。バリコーヒーは酸味が少なく、穀物っぽい味わいが飲みやすい。

Bali Pulina Plantation
バリ・プリナ・コーヒー農園
Banjar Pujung Kelod, Tegallalang, Sebatu,
Gianyar, Kabupaten Gianyar, Bali
☎+62 361 901728

 

紅はコーヒー豆の焙煎を体験。木になったコーヒー豆やカカオの実を初めて手に取り嗅いでみる。「チョコレートの原材料だなんて」と紅は驚きの表情。
 

画像2: 他にはない体験を 子どもと分かち合う

そしてバリ島の中心部にあり「聖水の寺院」として知られているティルタ・ウンプル寺院へ。泉から聖水が豊富に湧き出ていて、沐浴場としても有名。

無病息災の力があると信じられている。沐浴の際にはサロン(腰布)とスレンダン(帯)の着用が必須なので、朝市で購入。子供用もちゃんと売っている。

Tirtha Empul
ティルタ・ウンプル寺院
Jl. Tirta, Manukaya, Tampaksiring, Kabupaten
Gianyar, Bali

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.